ヒゲ脱毛の痛みについて

ヒゲ脱毛ってやっぱり痛いの?!

ヒゲ脱毛の痛みについて

エステやクリニックで脱毛を検討している人の中には、痛みについて気になっているという人もいるでしょう。 同じ「脱毛」だったとしても、がまんできない程痛かったという人もいれば、ほとんど痛みを感じなかったという人もいます。

この違いとして挙げられるのが、脱毛方法の違いです。 一口に脱毛といっても、どの方法を選択したかによって感じる痛みは違うので、あとから後悔しないためにも脱毛の方法と痛みの関係について理解しておきましょう。

日本で現在行われている脱毛は、大きく分けて針脱毛・レーザー脱毛・光脱毛の3種類があります。 何が違うのかというと、脱毛の原理や使われる脱毛機が違うのです。 そのため、痛みにも大きな違いが出てきます。

3種類ある中で最も痛くないと言われているのが、光脱毛です。 軽く温かいと感じる程度で、痛みはほとんど感じません。 もちろん個人差はありますが、光脱毛で我慢できない程の痛みを感じることはまずないと思っていいでしょう。 また、熱さについても施術をしながら冷却も行うため、ほとんど気になりません。

次に痛いのが、レーザー脱毛です。 痛いといっても、声をあげるほどの痛みではなく、輪ゴムでパチンと弾かれた程度の痛みだと表現されることが多い方法です。 ただ、場合によっては光脱毛よりも痛みを感じずに施術できる場合があります。

というのも、クリニックでレーザー脱毛をすれば、麻酔をしてもらうことができるからです。 基本的には麻酔はしない場合が多いので、相談をしてみるといいですね。

最後に、3種類ある脱毛の中で最も痛いと言われているのが、針脱毛です。 針脱毛は、毛穴に直接針を差し込み、そこに電流を通して毛根にダメージを与えるという脱毛方法です。 想像するだけでもかなり痛そうですが、完成した時の美しさは針脱毛が一番です。 しかし、痛みに耐えかねて途中で別の方法に切り替える人もいるくらいなので、痛みに弱い人にはおすすめできません。